飯田市立病院で安全祈願祭

子育て・医療・福祉

[ 2012年 3月 19日 月曜日 9時11分 ]

 飯田市立病院の第3次整備事業の安全祈願祭が17日、同院南棟建設予定地で業者主催により行われ、着工した。救命救急センターが入る南棟増築工事は2012年度に完成する予定。周産期センターが入る北棟増築工事と、がん医療を中心とする既存棟改修工事は13年度中に完成し、順次供用を開始する予定。工期は14年3月20日まで。

 第3次整備事業は、救急医療、周産期医療、がん医療などの診療機能の充実を図ることを主眼に、患者・家族の視点に立ったアメニティーの向上を図る。増築面積(南棟、北棟)は約6700平方メートル、改修面積は3200平方メートル。工事監理は日建設計名古屋オフィス、建築工事は木下・伊賀良特定建設工事共同企業体、電気設備工事は東陽興業、機械設備工事はシノダ設備がそれぞれ請け負う。

 あいにく雨天の中で行われた安全祈願祭には、飯田医師会の市瀬武彦会長や飯伊地区包括医療協議会の唐沢弘文会長、飯田下伊那薬剤師会の佐々木哲志会長代理・常務理事、松尾、鼎両地区まちづくり委員会、八幡区、常盤台区、名古熊区の代表をはじめ、市、市議会、同院、工事関係者ら約70人が出席。神事を執り行い、工事の安全と立派な完成を祈願した。

 施主あいさつで牧野光朗市長は「市立病院は昭和26年に開設してから60年を経過した。東栄町から現在地に移転して20年目となる。この節目にあたり、今回の整備でさらに病院機能を高め、より信頼される病院をめざしてまい進していく」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞