飯田市立病院で高校生が1日体験

子育て・医療・福祉

[ 2015年 7月 31日 金曜日 9時52分 ]

 看護や医療の現場を知ってもらい、進路選択に生かしてもらおうと、飯田市立病院(同市八幡町)で30日、「高校生1日看護師体験」があった。飯田下伊那4校の1~3年生24人が参加。先輩の体験談に学んだ後、看護の仕事を体験した。

 同病院では毎年、若手看護師を中心に1日体験の実行委員会をつくり、企画や準備、当日の運営を担っている。ことしは来月6日にも、県内6高校の22人を受け入れる。

 30日は飯伊の飯田女子、飯田風越、阿智、松川の4校のいずれも女子生徒が参加。「スクラブ」と呼ばれるユニホームに着替え、病院紹介や看護師の経験談などを見聞きしてから、グループごと院内の様子を見学した。

 午後からの看護体験は各病棟で行い、清拭や手浴などで患者の体をきれいにしたり、心身をほぐしたり。車いすの搬送や血圧測定、コミュニケーションの取り方なども学んだ。

 飯田女子高2年の女子生徒(17)は、小学生の闘病時に看護師から受けた励ましが大きな支えとなり、看護師を目指すきっかけになったといい「きょうの貴重な体験を今後の学びに生かしていきたい」と話した。

 看護部長は冒頭あいさつで、春に病死した知人の看護師を述懐。「看護される側」となった実体験も加えて「より良い看護のあり方」を最期まで模索し、伝えようとしていたといい「大変なことも多いが、やりがいにあふれる仕事。きょうの1日体験を通じて、少しでも魅力を知ってもらえれば」と呼び掛けた。

 先輩体験談のうち、助産師の女性(30)は前任地時代の2011年3月11日、東日本大震災の揺れの中で懸命に新生児を取り上げた経験も交え「楽しいことばかりではないが、感動や笑顔にあふれる仕事。一期一会を大切に患者さんと関わることで、自分も豊かになれる」と魅力を伝えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞