飯田病院えんじゅビルの開所式

子育て・医療・福祉

[ 2015年 10月 11日 日曜日 8時55分 ]

飯田病院えんじゅビルの開所式 飯田市大通の社会医療法人栗山会飯田病院(原重樹院長)は10日、大通1丁目の旧シュガーランドビルを取得し整備した、介護保険事業拠点「えんじゅビル」の開所式を行った。高齢化が進展する飯田下伊那地域において、在宅医療や訪問看護を重点課題ととらえ、在宅患者や家族を支える体制のさらなる強化を図る。

 

 「えんじゅビル」は、鉄筋コンクリート造地上3階、地下1階建て。延床面積は約1100平方メートル。1階にデイサービスセンターメイプル(2016年1月にデイケアへ移行予定)が入るほか、2階には訪問介護ステーション「たんぽぽ」、同「すずらん」、飯田病院訪問リハビリテーション、居宅介護支援飯田病院の事務所が設けられた。

 

 3階は会議室やスタッフルームとして利用。職員数は約45人。13日から業務を開始する。

 

 ビルの名称は同院職員から募集し「えんじゅ」に決定。由来となったエンジュの木は、「幸せを呼ぶ縁起の良い木」と言われる他、寿命を延ばす「延寿」との語呂合わせもあり採用されたという。

 

 同院では「今後ますます在宅医療、訪問看護の重要度が増す」と考え、院内が手狭になってきたこともあり、外部に新たな事業拠点の設置を検討。そうした中、昨夏に同ビルを取得し、ことし6月下旬から改修工事に着手した。事業費は、ビルの取得費、改修費合わせて約2億5000万円。

 

 開所式で原院長は「在宅医療の拠点となる施設を設けることができた。機能を最大限発揮し、地域の介護、福祉に役立てていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号