飯田病院「えんじゅビル」の開所式

子育て・医療・福祉

[ 2015年 10月 11日 日曜日 8時55分 ]

 飯田市大通の社会医療法人栗山会飯田病院(原重樹院長)は10日、大通1丁目の旧シュガーランドビルを取得し整備した、介護保険事業拠点「えんじゅビル」の開所式を行った。高齢化が進展する飯田下伊那地域において、在宅医療や訪問看護を重点課題ととらえ、在宅患者や家族を支える体制のさらなる強化を図る。

 「えんじゅビル」は、鉄筋コンクリート造地上3階、地下1階建て。延床面積は約1100平方メートル。1階にデイサービスセンターメイプル(2016年1月にデイケアへ移行予定)が入るほか、2階には訪問介護ステーション「たんぽぽ」、同「すずらん」、飯田病院訪問リハビリテーション、居宅介護支援飯田病院の事務所が設けられた。

 3階は会議室やスタッフルームとして利用。職員数は約45人。13日から業務を開始する。

 ビルの名称は同院職員から募集し「えんじゅ」に決定。由来となったエンジュの木は、「幸せを呼ぶ縁起の良い木」と言われる他、寿命を延ばす「延寿」との語呂合わせもあり採用されたという。

 同院では「今後ますます在宅医療、訪問看護の重要度が増す」と考え、院内が手狭になってきたこともあり、外部に新たな事業拠点の設置を検討。そうした中、昨夏に同ビルを取得し、ことし6月下旬から改修工事に着手した。事業費は、ビルの取得費、改修費合わせて約2億5000万円。

 開所式で原院長は「在宅医療の拠点となる施設を設けることができた。機能を最大限発揮し、地域の介護、福祉に役立てていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49