飯田病院でいがぐり祭開く

子育て・医療・福祉

[ 2014年 10月 24日 金曜日 9時42分 ]

 飯田市大通の飯田病院(千葉恭院長)はこのほど、恒例の「いがぐり祭」を同病院で開いた。健康増進を目的とする体験コーナーやドクター講演、手術室の公開などを通じて地域とのつながりを深めた。

 医師や看護師とのコミュニケーションづくりの場、また同病院の活動内容を地域に知ってもらうことを目的にことしで14回目。職員約270人が参加した。

 仏教保育園児による歌とダンスで幕開けすると、若者や高校生のステージ発表が会場を盛り上げ、血糖値などを調べる健康チェックスタンプラリーや恒例のアロマハンドマッサージに人気が集まった。中高年者の関節痛についてや、うつ病に知識と理解を深めるドクター講演も開催。あまぐり薬局の調剤や火災時の煙の怖さを知る体験コーナーにも多くの人が訪れた。

 同病院の地域支援室長は「自分の健康状態を知るとともに、病院の活動を理解してもらうことが目的。敷居が低く、気軽に訪れることができる病院にしていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞