飯田病院で糖尿病撲滅のライトアップ

子育て・医療・福祉

[ 2012年 11月 14日 水曜日 9時57分 ]

 飯田市大通の飯田病院は14日の「世界糖尿病デー」を前に、12日から正面玄関を、糖尿病撲滅のためのシンボルカラー「ブルー」にライトアップしている。玄関上部にツリー状のイルミネーションを施し、最上部にはシンボルマークの「ブルーサークル」を設置。周囲を幻想的な光に包んでいる。

 拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、国連は2006年12月に「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決し、11月14日を「世界糖尿病デー」として指定。以来、ブルーサークルをシンボルマークとし、全世界で糖尿病抑制に向けたキャンペーンが推進されている。

 同院は、県内のさきがけとして5年前からライトアップに参加し、地域住民の糖尿病に関する意識の高揚に努めている。また、14日午前10―午後1時には、エントランスホールで無料血糖測定を実施するほか、糖尿病療養指導士による糖尿病相談も行う。

 国内では、糖尿病が強く疑われる人、糖尿病の可能性を否定できない人を合わせると約1370万人で、40歳以上の3人に1人が糖尿病またはその予備軍といわれている。一方で治療を受けている患者はその約15%にとどまっており、糖尿病には自覚症状が少ないことから、疑いがありながら治療を受けないケースが多いと考えられている。

 同院のライトアップは18日まで、午後4時半―同10時の間行われる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞