飯田病院 「世界糖尿病デー 」 青色ライトアップでPR

子育て・医療・福祉

[ 2009年 11月 13日 金曜日 15時49分 ]

 飯田市大通の飯田病院(千葉恭院長)は「世界糖尿病デー」の14日、同病院で無料血糖測定や食事会を開くなど、糖尿病抑制に向けたキャンペーンを展開する。すでに9日から糖尿病デーのシンボルマーク「ブルーサークル」にちなんで同病院正面入口を青色にライトアップしている。

 同イベントへの参加は昨年に続く2回目。食事会(予約締め切り済み)では約600キロカロリーの糖尿病食を目と味で参考にするほか、午前10時から正午までは、同病院1階外来前で無料血糖測定を行う。

 年間約380万人が糖尿病の引き起こす合併症などを原因に死亡している現状を背景に、拡大に歯止めをかけようと国連は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決。同時に11月14日を「世界糖尿病デー」と定め、ブルーサークルをシンボルマークに全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進している。

 毎年同イベントにあわせ、世界の名所をはじめ国内でも東京タワーや東寺五十塔(京都市)、松本城がブルーにライトアップされており、飯田病院も昨年に続き、正面入口に高さ約10メートル以上のツリー状のブルーイルミネーションを設置するなどPRに努めている。ライトアップは15日までで、午後5時から同9時まで点灯している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞