高森町が病院火災を想定し訓練実施

子育て・医療・福祉

[ 2010年 11月 9日 火曜日 9時06分 ]

 秋の火災予防運動(9―15日)を前に、飯田広域消防本部は7日、地元消防団との合同演習を高森町吉田の下伊那厚生病院で行った。消防職員、団員のほか病院職員や地元自治会など計216人が参加。火災を想定した訓練を通し救出、救護、消火にわたって協力態勢を確認した。

 病院内の調理室から火が出た―と想定。職員が入院患者役の男性らを避難誘導したり初期消火を行い、119番通報を受けて出動したはしご車隊が屋上にいる逃げ遅れた2人を救助した。消防団員も素早く現場に駆けつけ、消火活動などを展開した。

 午前10時の火災発生前から病院周辺は緊迫した雰囲気に。消防車や救急車など計23台がサイレンを響かせながら駆けつけると一気に緊張感が高まり、病院職員らは真剣な表情で対応していた。男性職員は「しっかり体で覚え、万が一の時に備えたい」と話していた。

 同合同消防演習は、災害に備えるとともに、火災が増えるシーズンを前に防火意識を高める狙い。広域消防本部、町消防団、下伊那厚生病院のほか下市田区出砂原自治会、町日本赤十字奉仕団、南信州危険物安全協会、飯伊地区包括医療協議会などが参加した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞