高森町でボラセン福祉まつり開催

子育て・医療・福祉

[ 2016年 2月 18日 木曜日 10時21分 ]

 福祉に親しむ第5回「ボラセン福祉まつり」が14日、高森町山吹のやすらぎ荘であった。同町社会福祉協議会が法人設立35周年、同荘も開所25周年の節目を迎えたことで盛大に開催。町内で活動するボランティア団体による発表やイベント、チャリティーバザー、食品販売などを通じて地域住民と交流を深めた。

 同町ボランティアセンターや町社協、各福祉施設で活動するボランティアスタッフが主催。福祉について理解を深めてもらおうと、毎年イベント形式で実施しており、同センターの呼び掛けで約100人のボランティアスタッフが運営に携わった。

 ことしは節目を記念して広い会場に場所を移し、演劇ステージを初めて設けて合唱や紙芝居、三味線、マジックなどを披露。地元食材を使った手打ちそばやおはぎ、コンニャクの大試食会、企業も参加しての車いす試乗体験や介護相談などが行われた。

 このうち、町内で活動する点字サークル「啄木鳥(きつつき)」は、来場者が点字で名前や住所を作成する体験会を開催。子どもから大人までが専用の機材を使い、薄手の紙に慎重に点字を打ち込んでいった。同サークルの女性(72)は「実際に体験することで、点字の入口に立ってもらえれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞