34人検体採取し全て陰性

子育て・医療・福祉

[ 2020年 7月 1日 水曜日 15時04分 ]

 新型コロナウイルス感染症の検体を採取する「飯田市地域外来・検査センター」について、飯田市は5月26日の検体採取開始から6月末までの実績をまとめた。計34人から採取し、いずれも陰性だった。担当課は、地域の検査要望に順調に対応できているとみた。

 34人の内訳をみると、飯田市が58・8%で、町村が全体で26・5%。0~3人で推移し、6月26日が最多の5人。市保健課によると、検査数が徐々に増える傾向にある。帰省のほか仕事や旅行で訪れるなど「圏域外」は14・7%。

 車に乗ったままの「ドライブスルー方式」が基本だが、寝たきりの人などセンターを訪れることができない人へも柔軟に対応している。

 飯田下伊那地域に感染者を広げないようにと、地域の5病院が輪番制で医師、看護師、臨床検査技師を派遣する。池戸通徳課長は「医療スタッフの適切な対応が定着している」と分析。一方で、感染症への危機意識が低い患者もいるとして今後の課題とした。

 第2波に向けては「関係機関が連携しながら検体採取をより迅速、的確に行っていく」と話した。

 センターは県の委託を受けて市が設置し、飯伊地区包括医療協議会に委託して運営する。5月25日に飯田産業センター内の旧工業技術センター(同市上郷別府)に開設し、26日に検体の採取を開始した。

 検体採取は月曜から金曜日の午後1時から2時間以内とし、当面は1日最大10人。当日午前10時までの予約分を受け入れている。

 初診料、診察情報提供料などは保険診療と同様に患者の負担となるが、患者の住所地の市町村が負担するため、検査は無料で受けられる。

 検体検査は主に飯田市立病院が担い、より迅速に結果が判明する「LAMP(ランプ)法」は緊急的な患者を優先。ランプ法だと4時間で陽性、陰性の判定結果が出るといい、陽性患者に対して迅速な対応が取れる。

 民間の検査機関でのPCR検査も選択。検査体制強化のため市立病院ではPCR検査の機器を導入する計画もある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞