「キノコ食中毒防止を」 飯田合庁で実物やパネル展示

その他

[ 2014年 10月 2日 木曜日 13時59分 ]

 県飯田保健福祉事務所は1日から3日まで「きのこ食中毒防止展示会」を飯田合同庁舎玄関ホールで開いている。有毒キノコ「ツキヨタケ」を食用の「ムキタケ」と間違えて食べたことによる食中毒が先月末に安曇野市で発生したばかり。同保健福祉事務所では「知らないキノコは採らない、絶対に食べないで」と注意を呼び掛けている。

 展示しているキノコは、職員らが前日、管内の山で採取してきた「毒キノコ」13点、「食不適」7点、「食用」13点の計33点。毒キノコのうち猛毒のニガクリタケ、一番間違いやすいクサウラベニタケ、食中毒が発生したばかりのツキヨタケなど、食中毒を起こしやすい毒キノコについては、特徴や症状などを書いたパネルも展示している。

 ツキヨタケはムキタケと間違えやすいが、クサウラベニタケもウラベニホテイシメジ、カキシメジもチャナメツムタケと間違えやすい。いずれのキノコもそれぞれ特徴があり、確実な鑑別が必要になる。また、誤った言い伝え(柄が縦に裂けるキノコは食べられるなど)や迷信を信じないこともキノコ中毒防止のポイントに挙げている。

 同保健福祉事務所では、キノコの鑑別相談も受け付けており、今月は6日と14日のいずれも午後2時から3時まで行う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52