「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

その他

[ 2018年 1月 17日 水曜日 16時33分 ]

青空に映える冬至梅の白い花

 天龍村で早咲きの梅「冬至梅」がほころび始め、白いかれんな花が青空に映えている。2月18日に村内一帯で開かれる天龍梅花駅伝でランナーたちを出迎え、同月末ごろまで楽しめるという。

 開花したのは竜峡小梅の産地として知られる鶯巣地区の南、天竜川を望む国道418号沿いに植わる5本。同村中井侍の羽田野七郎平さんが「梅花駅伝のランナーを花で応援しよう」と25年ほど前、コース沿いに植えて手入れを行ってきた。

 花は例年並みとなる昨年12月末ごろ開き始め、現在は3分咲きに。村は「色鮮やかな花々をはじめ、自然を満喫できる天龍に足を運んでもらいたい」としている。

 冬至梅は、12月下旬の冬至から2月にかけて咲き始める早咲き梅の一種。天龍村は最南に位置することからロウバイやカンザクラ、ウメ、ソメイヨシノなどが県内で最も早く開花し、春の到来を告げる村として知られている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞