「夏の交通事故防ごう」 やまびこ運動始まる

その他

[ 2015年 7月 23日 木曜日 16時03分 ]

 県独自の取り組み「夏の交通安全やまびこ運動」が22日から始まり、関係機関が各地でドライバーを街頭啓発した。例年は1週間だが、ことしは31日までの10日間とした。

 県外ナンバーの車両が増える夏休みシーズンに、外出の機会が増える子ども、交通事故死者の半数以上を占める高齢者ら交通弱者を保護するため、ドライバーに交通ルールとマナーの遵守、実践を呼び掛ける。

 22日は支部ごとに早朝から人波作戦を行い、飯田市は川路の県道250号で午前、阿南町は西條の国道151号で夕方に交通指導所を設けた。

 県道の「川路駅前」信号付近に設けた飯田市の交通指導所には、約40人が参加。道の両脇でのぼり旗を掲げ、ドライバーにチラシと啓発グッズを配った。

 県交通安全運動推進下伊那地方部は開所式で「県外ドライバーの事故が増える時期。運動を通じて事故ゼロを目指し、飲酒運転も絶対しないよう声掛けを」と依頼した。

 期間中は事故分析に基づいた取り締まりと、薄暮時から夜間にかけてのパトカー駐留、流動警戒を行い、飲酒運転の根絶に向けた取り締まりにも力を入れる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30