「戦争法案」の廃案を求め いっせい宣伝スタート集会

その他

[ 2015年 6月 22日 月曜日 12時41分 ]

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案を「憲法違反の戦争法案」だとして廃案を求める「飯田下伊那いっせい宣伝行動」のスタート集会が20日、飯田市鼎中平の健和会病院前で開かれた。19、20の両日、飯伊の全市町村で100回以上の街頭宣伝、ビラ配布、署名を繰り広げた。

 健和会の熊谷嘉隆理事長を呼び掛け人代表として、健和会をはじめ新婦人の会、飯田民商、地区労連、高森町革新懇、国民救援会、日本共産党飯伊地区委員会など約10の団体が分担をして行動する。19日は中山間地の大鹿、根羽、平谷、売木、泰阜、天龍の各村で実施。20日も各団体の宣伝カー、ハンドマイク10台以上が稼働してまわった。

 主催者側では「戦争法案は憲法違反との指摘を受け、安倍政権は追い詰められている。何としても廃案にするため世論と運動を草の根から大きく広げていきたい」と趣旨を説明。スタート集会には約80人が参加し、各団体の代表が決意表明した。

 各代表は「ノーベル賞候補にもなっている憲法九条の素晴らしさを発信しよう」「保育園に通う孫を戦争から守りたい」「戦争を平和と言う詭弁をゆるさない」「今こそ一人一人が反対の声を上げねば時期を逸する」「瞬発力と継続する戦いが求められている」などと訴えた。

 集会で進行役を務めた新日本婦人の会飯田支部事務局長(70)は「だいぶ世論が変わってきている。反応がとても良くなってきている。戦争法案反対の風をさらに吹かしていくため頑張りたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24