「日常と事件は隣り合わせ」コンビニで強盗対応訓

その他

[ 2010年 12月 14日 火曜日 15時09分 ]

 高森町上市田のセブンイレブン高森上市田店で10日、強盗対応訓練が行われた。訓練は、飯田警察署員が扮した強盗犯が、ナイフで従業員を脅して現金を奪い、逃走するという想定で実施。従業員らは、強盗犯への対応や警察への通報、逃走経路の確認、特徴の把握など、有事にとるべき行動を、体験を通じて確認した。

 同店の樋口貞幸オーナーは、「あっという間のできごと。日常と事件とは隣り合わせで、事件は決して特別なことではないと実感した」と訓練を振り返り、実際に対応した従業員らは「事前に役割を決めていたが、いざとなると思うように動けなかった。決められたことをやらなければとの考えにとらわれ過ぎる、とっさの対応ができない」と教訓を得ていた。

 樋口オーナーは「年末年始の慌しい時期を迎えるにあたり、常に危機感を頭の片すみにでも置いておきたい。お客様を見たきちんとしたあいさつも大切にしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞