「秋のワーキングホリデー」受け入れ農家で始まる

その他

[ 2011年 11月 5日 土曜日 14時48分 ]

 秋のワーキングホリデーが3日から市内の受入農家で始まった。秋は2回に分けていずれも3泊4日の日程で行われ、全国20都道府県から108人が参加。市内の受入農家31軒に寝泊りしながらりんごや柿の収穫、酪農などの農作業を手伝う。

 ワーキングホリデーは、農業や農村に関心を持ち真剣に農業をやりたいと思っている人たちと、繁忙期の手助けや後継者の欲しい農家を結び、都市と農村住民双方がお互いの足りないところを補い合うパートナーシップ事業。1998年の秋から始まり、ことしで14年目を迎えた。体験教育旅行と並ぶ農業体験ツーリズムの柱として、すっかり定着。受入登録農家数は107戸、参加登録者数は1603人を数える。人口減少が進む中で、交流人口、さらに定住人口の増加にもつながっている。

 ことしの参加者108人のうち、男性69人、女性39人。男性は60歳代が36人、50歳代が12人と多いのに対し、女性は20歳代が11人、60歳代が9人、40歳代が8人など。住所別では、東京都26人、愛知県16人、埼玉、神奈川、大阪府各11人など。一方、受入農家31軒は、座光寺9軒、千代5軒、伊賀良4軒、龍江3軒、丸山、松尾、川路、上郷各2軒などとなっている。

 3日から始まった第1回には65人が参加。23日から始まる第2回は受け入れを希望する農家が多く、参加者を随時受け付けている。大瀬木の小木曽清一さん(70)は、第1回に東京都から2人の女性を受け入れ、柿の収穫とつるす作業を手伝ってもらっている。第2回はりんごの収穫を予定している。

 西東京市から参加した女性(31)は「ネットで知り農業と農家生活を体験したくて初めて参加しました。自然の中で体を動かしたい」、練馬区から参加した女性(43)は「ネットで見て果樹作業を体験したくなり初めて参加しました」とそれぞれ語った。小木曽さんは「柿の生育がどんどん進んでいる。熟柿になる前に収穫し干柿にしなければ」と話した。

 小木曽さんは2000年から農作業にワーキングホリデーを積極的に活用。数年前に受け入れた女性が結婚した後もその母親や姉妹らが毎年参加し家族付き合いしているケースもある。ことしは体験教育旅行で17校73人も受け入れている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

元気が出るバッグ発売

5月18日火曜日15:42

議長に井坪隆氏選出

5月18日火曜日15:31

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞