「積雪の終日 最も遅い日」広域連合が発表

その他

[ 2010年 4月 21日 水曜日 15時48分 ]

 南信州広域連合は19日、先週末の17日に積雪となった雪について「かつて飯田測候所が1898(明治31)年から雪の観測を始めて以来、積雪の終日の最も遅い日として第1位の記録となった」と発表した。これまで積雪の終日の最も遅かった1923年4月13日より4日も遅かった。ただ、雪の終日の最も遅かった日の順位では4番目となる。

 10、11の両日は夏のような陽気で各地の桜の名所はお花見客でにぎわったが、13日に寒冷前線が日本列島を通過、一転して真冬並みの寒気が南信州の上空に進入、不順な天候が続いている。こうしたなか、16日に降り出した冷たい雨は、翌17日未明に雪に変わり、伊那谷の平地でも2センチ以上の積雪となった(高森町吉田2センチ)。

 この雪も朝8時ごろから急速に晴れ、気温の上昇とともに春の淡雪となった。今週は南岸の前線や低気圧の影響で曇りや雨の日が多い見込み。また、月末には次の寒気が進入するとの予報があり、この頃まで気温の変動の大きい不順な天候が続きそうだという。

 記録は次のとおり。【積雪の終日の最も遅かった日の順位】①4月17日(2010年)②4月13日(1923年)③4月8日(1988年)④4月6日(1931年)⑤4月5日(1914年)

 【雪の終日の最も遅かった日の順位】①4月24日(1928年)②4月23日(1947年)③4月19日(1977年)④4月17日(2010年)⑤4月17日(1979年)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞