「2000年からの手紙」飯田署でタイムカプセル掘り出す

その他

[ 2010年 9月 20日 月曜日 13時16分 ]

 飯田署(臼田勝信署長)は17日、2000年12月28日に当時の署員有志らが、10年後の自分自身や妻子、友人などに宛てて書いた手紙を収めた「タイムカプセル」を掘り起こした。同署敷地内の植え込みの中から10年ぶりに姿を現した手紙は、当時の約束通り、文の日の9月23日に各署員の手元へ届くよう投函される。

 タイムカプセルは「新世紀を迎える節目を記念しよう」と、当時の山田明署長や、警備課長だった現飯伊交通安全協会、河合勇事務局長らが中心となり企画。山田署長は2010年度の署長宛てに手紙を封入したほか、署員らは、妻への感謝や子どもたちへの思いなどをそれぞれしたためた。中には将来の妻へ宛てて書かれた手紙もあったという。

 この日は、河合事務局長らが当時の写真をもとに、埋めた場所を特定して発掘。無事にタイムカプセルを掘り当て中から手紙を取り出すと、10年前の自身の筆跡を、当時を振り返りながら懐かしそうに見つめていた。

 時を超え、期せずして10年前の署長から手紙を受け取った臼田署長は「山田さんとは一緒に事件捜査をしたこともあり、とてもお世話になった。まさかこんな形で手紙をいただけるとは」と、不思議な縁に感慨もひとしお。手紙には、アップルロードの開通などにより、市内の人の流れが大きく変わる過渡期を迎えた同署の様子や、力強い警察組織体制の維持を願う思いなどがつづられていたという。

 手紙を読み終え臼田署長は「先人の思いをしっかりと受け止め、より良い警察組織体制を構築していきたい」と決意を新たにしていた。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞