たき火火災1月に5件、1日からゼロ運動始まる

その他

[ 2013年 2月 2日 土曜日 13時01分 ]

 31日午後2時半ごろ、喬木村伊久間の区有林から出火、枯草や雑木など約400平方メートルを焼いた。火は約30分後に消し止められ、けが人はなかった。

 現場は養豚団地北側の果樹園が広がる場所。飯田広域消防本部によると、現場すぐ隣りにある果樹園で、生産者がリンゴの葉を焼却していたところ風にあおられ飛び火したとみて調べている。

 同消防本部では1日から3月末までの期間で「たき火火災ゼロ運動」をスタートさせた。一昨年の1~4月のたき火を原因とする火災の急増を受け、昨年も運動を展開して注意を強めた結果、大きく減少する結果に結び付いた。

 ことしに入り、たき火が原因とみられる火災は、今回の林野火災を含め1カ月中で5件発生。空気が乾燥している2、3月に向けて屋外での火災の抑制を図る。同消防本部では「風が強い日はたき火をしない、燃えやすいものの近くでは実施しないなど、十分な注意を」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞