アユの友釣りが解禁、絶好の日和、「釣果は上々」

その他

[ 2016年 6月 6日 月曜日 13時02分 ]

アユの友釣りが解禁 アユの友釣りが4日、下伊那漁業協同組合(下島保徳組合長)管内の天竜川水系で解禁になり、この日を待ち望んでいた県内外の太公望たちが川へ繰り出した。青空が広がる絶好の釣り日和で、各ポイントでは釣り上げて笑顔を浮かべる人たちの姿が見られた。

 天竜川と飯田松川の合流点付近では、地元の愛好家を中心に5人ほどが川岸などに立って釣りを楽しんだ。

 中には午前中だけで20匹余を釣り上げた人もいた。

 飯田松川流域全体を見守った監視員は「どのポイントも釣れ具合は上々。天気にも恵まれ、良かった」と話した。

 解禁に先立ち、漁協は4月にアユの稚魚を放流。6回行い、昨年と同じ5・7トンを本流と支流に放っている。

 1日に行った試し釣りでは、飯田松川や阿知川などの支流で15センチを超えるアユが上がっている。

 移動調査のため、ことしも放流した一部のアユのあぶらびれを切除して標識アユとしており、漁協は「今後の放流の参考のため、捕獲した場合は場所、数、サイズを伝えて」と呼び掛けている。

 漁協は同日、天竜川本流の弁天橋より下流でアユのルアー釣りも解禁した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞