クマに襲われ男性重傷 清内路の山中で

その他

[ 2018年 10月 30日 火曜日 15時06分 ]

 29日午後2時ごろ、阿智村清内路の山中で、狩猟をしていた近くに住む農業、原勇二さん(72)がクマ一頭に襲われた。原さんは顔面などを引っ掻かれる重傷を負い、飯田市内の病院に搬送されたが命に別条はないという。

 現場は上清内路診療所から数百メートル離れた山中。クマは山中に逃げ、村職員や飯田署、猟友会などが捜索を行ったが見つかっておらず、同署は近隣住民に注意を呼び掛けている。

 同署によると、クマは成獣とみられ、原さんと遭遇時にはイノシシ用のワイヤー製罠(わな)にかかっていた。

 クマの出没を受けて清内路小学校は同日と翌30日、保護者を付き添わせて児童を登下校させた。今後は職員による見回りなどを行い、新たに被害・目撃情報がなければ通常の体制に戻すという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)