クマ出没に注意喚起 南信州は木の実が並作以下

その他

[ 2018年 10月 3日 水曜日 15時10分 ]

喬木村の赤石林道沿いに出没したツキノワグマ(6月撮影)

 県鳥獣対策・ジビエ振興室は、今秋のツキノワグマの出没予測を発表した。全県的には餌となる木の実が一定程度あることから大量出没の可能性は低いとしているが、飯田下伊那地域は「結実が並作以下が多い」として注意を呼び掛けている。

 本年度の木の実の豊凶調査によると、全県ではブナが大凶作から並作、ミズナラとコナラが凶作から大豊作と地域や木ごとにばらつきがあったが、クリとクルミ類は一定程度の結実が見られた。

 地域別で南信は「いずれの樹種も地点差がある」との評価。南信州は並作以下が多いとした。

 このため、全県的には「クマの大量出没の可能性は低い」としつつ、「クマの行動範囲が広範囲に及ぶ可能性がある」と予測した。

 同室は「キノコ狩りなどで入山する場合は遭遇の危険がある」として注意を喚起。対策の基本に「クマに遭わない」を挙げて▽複数人での行動▽鈴等の音を鳴らしながら行動する▽柿など不要な果実や野菜、生ごみの適正な処理―などを呼び掛けている。

 万が一、遭遇した場合、クマに背を向けて逃げると追いかける習性があるため、クマから目を離さず、ゆっくりとその場を離れるよう促している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞