下伊那北部で降雹による農業被害

その他

[ 2015年 8月 6日 木曜日 8時21分 ]

 4日午後6時前後の時間帯に、松川町や高森町山吹、豊丘村河野で降雹(こうひょう)があり、ナシやリンゴを中心に農業被害が発生した。5日正午現在、町やJAみなみ信州が被害実態の把握を急ぎ、県がとりまとめを進めている。

 JAや松川町、住民らによると、降雹は大気が不安定となり、落雷や降雨があった4日の午後5時半過ぎから6時過ぎにかけて発生した。

 松川町では、中央自動車道より西側の山沿いから役場のある町の中心部、竜東の生田地区まで広範囲で発生。30秒から15分ほど降り続いた。

 元大島の役場周辺や大島の中央自動車東側の果樹地帯では、小豆から小指大サイズの雹が降った地域もあり、ナシの幸水やリンゴのつがるをはじめとする成長中の果樹に直撃。雹が当たって傷が付く打撲や擦れの被害が発生した。

 小指大の雹が降ったという大島の農園では、JAの職員らが雹に当たり一部が黒色に変色したリンゴやナシを確認。生産者の男性は「場所により、雹の大きさや時間に違いがあり、大きな被害が出てしまった農家もあった。挽回が難しい時期だけに残念だ」と話した。

 JA営農部は、被害があった農地に対して消毒の特別散布を実施するよう指導。今後は生育に関わる指導を順次行う他、被害果の販売対策も検討するとしている。

 被害の規模については同現在、県がとりまとめを進めている。

 長野地方気象台によると、4日は飯田で、日中の気温が35・2度まで上昇する猛暑日となった。

 上空には寒気が入っていて、上昇した地面の温度と上空の冷たい空気との間の温度差が広がり、大気の状況が不安定になり、雷や降雹をもたらせた。

 大気が不安定な状況は少なくとも7日まで続く見込みという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30