親子向けに放流や釣り体験 下伊那漁協とかわらんべ

その他

[ 2016年 5月 10日 火曜日 16時06分 ]

 下伊那漁業協同組合と天竜川総合学習館かわらんべは7、8の両日、親子向けに川の学習とアユの放流体験、久米川での魚釣り体験を行った。催しを通じて川遊びの楽しさや危険さ、自然の大切さについて学んだ。

 かわらんべでの放流や釣りでの自然学習は、下伊那漁協の支部事業として始まり、3年ほど前から組合全体の事業となった。自然に触れる機会が少なくなる中、川や魚に触れることで、自然学習への関心を高めるとともに、自然環境の大切さを感じてもらおうと続けている。

 初日は親子56人が参加。かわらんべ正面の天竜川でアユ10キロ(約800匹)を放流し、アユの生態や自然絶滅した経緯、放流事業を行う必要性などを学んだ。

 2日目の釣り大会には66人の親子連れが参加した。会場の久米川にはニジマス500匹、アマゴ600匹が放流され、釣堀のようにびっしりと魚が並んだ。

 子どもたちは、下伊那漁協の組合員に教わりながら、前日作った仕掛けを釣竿に取り付け、川に陣取った。半分以上の子どもにとって今回が初めての魚釣りだったが、釣竿を垂らすと次々と魚が食いついた。

 初めて魚を釣り上げた伊賀良小4年の男子児童(9)は「魚釣りはゲームでしかやったことがなかった。いっぱい釣れてうれしい」と喜んだ。

 下伊那漁協の下島保徳組合長は「昔は川で遊んで魚を捕まえ、親に料理してもらって食べたという人も多いが、いまは自然に接する機会が少なくなった。川での体験を通じて、大人になって田舎に帰り、その子どもたちに自然の楽しさを伝えていってもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24