中央道下り線 キャリアカーから出火、積載の乗用車4台焼損

その他

[ 2011年 1月 14日 金曜日 14時26分 ]

 13日午前0時55分ごろ、飯田市上飯田の中央道下り線上飯田バス停内で、乗用車を積んだキャリアカーから出火し、積載していた乗用車5台のうち4台などを焼いた。火は約40分後に消し止められ、けが人はなかった。

 県警高速隊などによると、三重県津市の会社員男性(46)運転のキャリアカーが走行中、右後輪付近から煙が出ているのに男性が気付き、同バス停内に停車したところ出火。所持していた消火器で消火を試みたが消えなかったため、バス停に設置された非常電話で通報したという。

 この火災で中央道飯田―松川インター間は、下り線で約5時間、上り線で約1時間20分通行止めとなった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞