中心市街地で連続火災 深夜の中央通りと松尾町で

その他

[ 2014年 9月 29日 月曜日 13時23分 ]

 27日午前1時過ぎ、飯田市中央通り3の飲食店「ラーメン錦」の店先で、のぼり旗と立て看板が燃えていると通行人から110番通報があった。同日午前1時50分ごろには、同市松尾町4の峯高寺車庫から出火していると119番通報があり、車庫内にあったダンボール5束を焼いて約10分後に鎮火した。いずれもけが人はなかった。飯田署は関連性も含めて出火の原因を捜査している。

 飯田署によると、通報を受けて飲食店に駆け付けると火は消えており、メニューなどを貼ってあった木製の看板とのぼり旗が焼けていた。店はこの日、午後11時までに閉店していた。

 飯田広域消防本部によると峯高寺の火災は、近くに住む女性が帰宅途中に車庫内が燃えているのに気付いて通報。同本部がくすぶった状態だったダンボールの残火処理にあたった。

 寺の車庫は通りに面していて、近くの生花店が借りている。燃えたダンボールは店が入れたものだった。車庫内にはワゴン車など4台が止めてあった。店によると、普段の車庫内に火の気は「全くない」という。

 寺の火災を通報した女性は、取材に「車庫の中から火が出てチカチカしているのが車と柱の間から見え、不審に思った」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio