交通安全活動推進委員の委嘱式

その他

[ 2013年 4月 4日 木曜日 8時21分 ]

 飯田署で2日、交通安全の啓発などを行う地域交通安全活動推進委員の委嘱式があった。今年度は管内の住民23人に委嘱し、須江和幸署長が一人一人に委嘱状を伝達した。

 長年にわたり交通安全推進に尽力した人たちを対象に選出する同委員。道交法に基づく制度で1991年に始まり、県公安委員会が委嘱する。任期は2年で、街頭啓発などのボランティア活動を通じて交通安全の推進を図って行く。

 同署では23人のうち19人が再任された。委嘱式で会長を務める滝沢喜人さんは「与えられた任務は重大。知識と経験を生かし、諸団体とも協力し合いながら交通安全を推進していきたい」と決意表明。須江署長は「交通問題の解決は警察や自治体だけでは限界がある。共に活動を進め、1件でも悲惨な交通事故を減らしていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞