交通機動隊飯田分駐隊が白バイ運転競技大会で優勝

その他

[ 2010年 10月 16日 土曜日 8時38分 ]

 高森町下市田の県警交通機動隊飯田分駐隊(長坂善晴隊長)は、10、11日の2日間にわたり長野市で開かれた、「県白バイ運転競技大会」に出場し、見事優勝した。同分駐隊は昨年も同大会を制しており、2連覇の快挙達成となった。

 同大会は、職務遂行と安全走行のための技術向上、隊員の士気高揚と連帯感の確立などを目的に開催され、今回で38回目となる。飯田のほか長野、佐久、上田、松本、諏訪、木曽の7分駐隊から、若手を中心に3人ずつが参加。自然の地形の中に設定された障害物を乗り越える「トライアル走行」、8の字走行や一本橋を走る「バランス走行」、指定されたコースを正確に速く走る「スラローム走行」の3種目で、走行技術や操縦技術などを競った。

 飯田分駐からは、昨年と同じメンバー(25―26歳)が出場。2位の木曽分駐との差は、一つのミスで逆転されるほどの接戦となったが、3種目で3人がバランス良く好成績を収め、連覇を達成した。

 練習は1カ月ほど前から本格的に始め、勤務前の早朝や休日を利用し練習に励んできた。隊員たちは「練習の成果を発揮し優勝、連覇を達成できうれしく思う。大会でミスした部分を練習し、更に技術を向上させたい」、「各個人の成績も昨年を上回ることができた。培った技術を交通安全に役立てたい」、「交通事故の防止に向け練習を積んできた技術が、優勝という結果につながったことはうれしい」と、喜びを口にした。

 長坂隊長は「チームワークの良さで勝ち取った優勝。連覇達成で士気も高まった」と話すとともに、「交通事故を防止することが一番大切。技術を過信することなく、1件でも事故を減らせるよう、取り組みを続けていきたい」と気を引き締め直していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞