信金上飯田支店で防犯訓練~強盗事件から1年~

その他

[ 2013年 11月 20日 水曜日 16時25分 ]

 飯田信用金庫は18日、飯田市白山町の上飯田支店で強盗対策訓練を行った。他の支店長が見守るなか、職員らは犯人役の飯田署員の要求に冷静に対応し、逃走後には犯人に関する情報を収集するなど迅速な対応に当たった。

 訓練は年末の繁忙期を迎えるにあたり、防犯意識の高揚を図ろうと同署生活安全課の協力を得て毎年実施。これまでは年数回の抜き打ち式訓練だったものの、ことしは1店舗にしぼり、全24店舗の支店長らに公開して実施した。

 訓練では、紙袋を手に「金を出せ。手を挙げろ」と大声で威嚇する強盗犯人役を前に、職員らは犯人を刺激しないよう抵抗しないで現金を渡し、店外への逃走を確認した後、カラーボールを持って逃走方向を確認した。店内では身長や服装などの身体的特徴をメモに書きとめた。同署講評では「警察への通報が犯人侵入後1秒ほどで行われており、要求に対しても素直で問題点はなかった」とし、「1分1秒でも早い通報と確実な情報が犯人逮捕の可能性を高める」と助言した。

 1年前の昨年11月22日、同支店では現金自動預払機(ATM)コーナーを利用していた女性から現金などを奪う強盗事件が発生している。事件後には全支店にさすまたを設置するなど防犯対策を強化した同信金。訓練を見学した水野隆志専務は「防犯が一番大事。店内に不審者はいないか、おかしいと思ったら声を掛けるなどして事件の発生を未然に防いでもらいたい」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞