全国地域安全運動 街頭啓発で防犯呼び掛け

その他

[ 2012年 10月 13日 土曜日 14時20分 ]

 犯罪や事故、災害をなくし、安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指す「全国地域安全運動」が11日から始まった。初日は飯田署や防犯関連諸団体、各地域まちづくり委員会などから約100人が参加して、大型量販店前で街頭啓発を実施。来店者に声を掛けながら住民の防犯意識向上に努めた。

 「犯罪の起きにくい社会の実現を目指して」をメーンスローガンに子どもや女性、高齢者の犯罪被害の防止、社会の隅々まで行き渡る防犯ネットワークの構築の2点を運動の重点に据えた運動。20日まで10日間の期間中、各市町村の防犯協会や関係機関・団体が警察と連携を図りながら啓発活動を行う。

 飯田市では初日、来店客が増える夕方の時間帯でアピタ飯田店と同高森店の2カ所で啓発活動を行った。同署や少年警察ボランティア、ホワイトエンジェルスなどの防犯関連団体をはじめ、各地区まち委の防火防犯担当者が参加して、振り込め詐欺などの特殊詐欺や車上狙い、自転車盗難、高齢者事故防止などの身近な犯罪や事故を中心に注意を促し、2店で通帳入れや啓発用ティッシュなど計1000セットを配布した。

 同署の春日利巳署長は「2001年の犯罪件数と比較すると、現在は3分の1ほどに減少したものの、地域の安全には程遠い」と強調した上で、携帯電話やインターネットを介すものやもうけ話詐欺など新たな手口の犯罪が増加傾向にある現状を背景に「自分の身、自分の財産は自分で守るという意識を、啓発活動を通じて一人でも多くの人に持ってもらいたい」と話した。

 15日はJA喬木支所で振り込め詐欺の注意を呼び掛ける。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24