南信濃で災害復興ボランティア作業

その他

[ 2010年 7月 26日 月曜日 10時06分 ]

 7・14集中豪雨災害で土砂流入被害を受けた飯田市南信濃木沢小道木地区の山崎兼照さん(77)方で24日、建物の内部と周辺の土砂を排除するとともに、土砂流入を防止するため土のうを積み溝を掘るボランティア作業が繰り広げられた。

 山崎さんの長男で建築業の訓聖さん(48)から相談を受けた市が「直接的には手が出せないが、交通規制や健康管理、用具準備、安全管理などで側面的にボランティアを支援することはできる」として、同市社会福祉協議会ボランティアセンターを通して災害復興ボランティアを急募した。

 募集期間が2日間しかなかったが、市のメール情報で知った一般市民9人と牧野光朗市長以下職員37人がボランティア参加。これに関連部署の職員12人が側面的支援に加わり、総勢58人が作業にあたった。参加者は3班に分かれ、スコップやつるはしなどを使って硬くなった土砂を汗だくになりながら取り除いた。土砂はバックホー2台を使って搬出した。

 連日猛暑が続く南信濃はこの日も早朝から晴れ上がり、日中の最高気温が38度を超えるとの予想も。市は、熱中症対策にスポーツドリンクを補給してもらったり、斜面の土砂が滑るとサイレンが鳴るセンサーを取り付けるなど安全対策に万全を期した。

 作業開始に先立ち、牧野市長から市の見舞金を贈られた訓聖さんは「父親が入院したため1月に名古屋から帰郷したばかり。災害当時は声を掛けられて母親と一緒に近くの生活センターに避難したが、心配で戻ってきたら土砂が押し寄せてきておりびっくりした。今は教員住宅で避難生活をしているが、母屋が住める状況なので、これからもここにおりたい。離れや住宅周辺に埋まった土砂の排除や土留めなどの作業は自分たちだけではできないので、非常に助かる」と感謝した。

 牧野市長も「大勢の皆さんにボランティア参加していただき感謝する。行政としてもできる限りの支援をしたい」とあいさつ。上郷別府から参加した会社員の清水孝啓さん(53)は「市のメール情報で募集を知り応募した。ことしで19回目の中央構造線サイクリング大会が集中豪雨で中止となり、第1回から参加してお世話になっている恩返しのつもりで参加した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19