南信濃で河津桜が早くも開花

その他

[ 2016年 1月 15日 金曜日 9時18分 ]

 飯田市南信濃和田の遠山川沿いにある河津桜のうち1本が早くも開花し、話題になっている。例年は3月に開花しているため、天龍村のJR伊那小沢駅のカンザクラと同様、狂い咲きと見られる。

 開花した河津桜は、和田の遠山川左岸で南信濃B&G海洋センター近くの1本。2、3輪が濃いピンク色の花を付けている。

 近隣住民らによると、7日頃にはすでに咲いていたという。この木の近くでは竜峡小梅も咲いており、一足早い“競演”として話題を集めている。

 静岡県伊豆半島の河津町が名所として有名な河津桜は、早咲き桜の一種で、ソメイヨシノよりも桃色の色彩が濃く、花期が1カ月と長いのが特徴だ。

 遠山郷の河津桜は、旧南信濃村出身の男性が「長く南信濃の春を彩り、地域振興につなげてほしい」と2001年に寄贈。住民らが約200本を和田の中橋から松島にいたるまで約1キロにわたって植栽した。

 同センターで働く八重河内の男性(72)は「こんな早い時期に咲いた記憶はない。驚いた」と話していた。

 地区に隣接する天龍村でも例年は2月ごろに開花するJR伊那小沢駅のカンザクラが7日にほころんだが、観察を続けている村は異例の気温上昇による「狂い咲き」と見て、開花宣言を見送っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞