台風21号、飯伊に爪痕 リンゴ中心に農業被害 

その他

[ 2017年 10月 24日 火曜日 16時55分 ]

決壊した遠山川の護岸

 超大型で非常に強い台風21号は勢力を保ったまま北に進み、23日未明、飯田下伊那地域に最接近した。強い風が長く吹いた影響でリンゴを中心とした果樹が落下したほか、道路への土砂流出や護岸の決壊、工場の床上浸水などの被害もあった。

 降り始めの21日午前8時からの総雨量は飯田75ミリ、南信濃172ミリ、阿智村浪合186・5ミリ。最大瞬間風速は飯田18・7メートル、南信濃12・3メートル、浪合11・9メートルで、局地的に強風が吹いた。

 JAみなみ信州によると、松川町と高森町、豊丘村、喬木村、飯田市座光寺、下久堅などの果樹園では、10日から半月後の収穫を予定していた「ふじ」など、リンゴを中心とした果樹が落下。ネギは広い範囲で倒れた。

 松川町―飯田間の竜東・竜西では、野菜や花のビニールハウスがめくれ上がったり、同JAが所有する複数の施設でシャッターが壊れるといった被害もあった。

 飯伊の被害額は県が集計中だが、リンゴの落果を中心に数千万円にのぼるとみられる。

 JA営農部は「3~5割落ちてしまった農家もある。11月の出荷を控えた大事な時期だった」、回収作業に追われた豊丘村の女性は「9月の台風18号の時と同じくらい落ちてしまった」と落胆した。

 全世帯を対象に避難勧告が発令された南信濃押出の夜川瀬トンネル付近では、水量が増した遠山川の護岸が決壊した。

 千代の工場では、建物近くの排水路があふれて工場内に入り、従業員が対応に追われた。製品への影響はなかった。

 始発から全線で運転を見合わせていたJR飯田線は、午後2時32分に新城駅~辰野駅間の上下線で運転を再開した。

 道路への土砂流出は南信濃八重河内、売木村の村道ガッタラ線などで発生。阿智村春日の蝶々橋付近では村有地のり面が崩落した。

 飯田市は30カ所に避難所を設け、7世帯14人が避難した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01