園児25人が嘔吐で欠席 飯田市内の保育園で

その他

[ 2018年 12月 1日 土曜日 14時16分 ]

 飯田市は11月30日、市立殿岡保育園(園児数82人)の園児25人が嘔吐の症状で欠席したと発表した。市子育て支援課によると、1~5歳児の全クラスで欠席者があり、感染性胃腸炎などと診断された。飯田保健福祉事務所が園児の便や園の給食のサンプルなどを検査し、原因を調べている。

 同課によると、同日は欠席した園児のほか、園児2人が嘔吐して早退。職員も18人中2人が同様の症状という。29日夜から30日昼までに園児や職員11人が医療機関を受診し、診断結果はウイルス性胃腸炎1人、感染性胃腸炎7人、胃腸炎3人だった。救急搬送者や入院が必要な重症者はいない。

 同園は12月1日の土曜保育は行わず、園内の消毒などを実施。給食は園内で調理しており、3日以降の対応は保健所の指導に従い、決定後に保護者に連絡するという。

 欠席した園児の母親は「(子どもが)29日の夜に嘔吐し、医療機関を受診した。他にもたくさん休んだと聞き、驚いた」と話していた。

 同課の高山毅課長は「この時期はノロウイルスやインフルエンザなどが懸念される。うがいや手洗いをしっかり行うなど感染予防に努めてほしい」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞