夜空にスーパームーン 飯伊からも「大きな月」観測

その他

[ 2015年 9月 30日 水曜日 13時23分 ]

 月が地球に最も近付き、通常より大きく見える「スーパームーン」が28日夜、飯田下伊那地域でも各地から観測された。前日の「中秋の名月」に続き、2日連続して月見を楽しむ人の姿も見られた。

 月は地球の周りを楕円軌道で回っており、地球からの距離が約35万7000キロと近くなったり、40万6000キロと遠くなったりするのを繰り返している。スーパームーンは1年間で最も月が近くなる日と満月が重なり、地球から月が最大に見えることで、最小に見える時期より14%ほど大きく、30%ほど明るく見えるという。

 この日は飯伊も好天で、東の空に浮かんでひときわ大きく、明るく光る月の姿を各地から観察することができた。

 アップルロードでは、信号待ちで停車中の車から月を眺める人や、沿道からスマートホンを向けて撮影する歩行者らの姿も見られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞