天竜川下り 関係機関で救助訓練やコース点検

その他

[ 2011年 4月 20日 水曜日 15時19分 ]

 行政や消防、警察機関などでつくる飯伊地区観光客安全対策推進会議(会長・久保田篤下伊那地方事務所長)は19日、事故防止を目的とした安全点検を飯田市松尾新井の「天竜舟下り」と同市龍江の「天竜ライン遊舟」で行った。ゴールデンウィークを前に、落水事故を想定した救助訓練や、実際に船に乗って運航コースの安全性を確認した。

 同会議を構成する下伊那事務所や飯田、阿南の両警察署、飯田労働基準監督署、飯田広域消防、両社などから計33人が参加。安全対策チェックに基づき、乗降場やコース上に危険箇所がないか、監視体制や救助用具の整備は適切かどうか―といった項目を調べた。

 同市松尾新井の弁天港であった救助訓練では、落水事故を想定しマネキンを落水者に見立てて救助。船の上に引き上げて岸に移動させた後、AED(自動体外式除細動器)を使いながら心肺蘇生。救急車が到着すると運び込んだ。

 続いて天竜舟下りと天竜ライン遊舟の定期船に乗り、実際の運航経路上を点検。最後に行った検討会で、気付いたことや改善すべき点を話し合った。

 久保田所長は「安全な川下りを楽しんでもらうため、きちんと訓練を行うことが必要。川の条件はその日その日で違う。いざという時に備え、関係者が集まって意識を統一させ、再確認する。安全の確保につながる重要な機会」とした。「東日本大震災後は全国的に観光客が減ったが、それでは地域経済が委縮してしまう。活発な経済活動が被災地の応援につながる」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞