天竜川下り舟の安全点検を実施

その他

[ 2013年 4月 20日 土曜日 9時10分 ]

 飯伊地区観光客安全対策推進会議(会長・石田訓教下伊那地方事務所長)は19日、ゴールデンウィークを前に、天竜川の川下り舟の事故防止を目的に運航体制やコースなどの総合的な安全点検を実施した。浜松市で2011年8月に起きた遠州天竜舟下りの転覆事故の影響で、管内の天龍ライン遊船と天竜舟下りも昨年の年間乗船客が約30%減少する打撃を受けた。両社とも今年は事故前に戻す目標を掲げ、安全対策推進に全社を挙げて力を入れている。

 両社によると、昨年の年間乗船客は、天龍ライン遊船が5万人弱(事故前7万人以上)、天竜舟下りが6万人(同8万人以上)といずれも約30%減少した。天竜舟下りでは「遠州天竜下り事故の同業(風評)被害で昨年は乗船客が一気に減った。それまでは8万人から10万人の間で推移していたので、ことしは8万人に戻すのが目標」としている。

 この日の安全点検には、下伊那地方事務所をはじめ、同推進会議を構成する警察署、消防署、労基署、天竜川上流河川事務所、飯田市観光課などの関係者ら約20人が参加。午前中は天龍ライン遊船の天龍峡温泉港から唐笠港まで実際の運航コースで乗船点検、午後は天竜舟下りの弁天港で落水者の救助訓練を行い、緊急時に迅速かつ的確に対応できる態勢を確認した後、時又港まで乗船点検を実施した。

 天龍峡温泉港では、天龍ライン遊船の佐藤敏夫運航部長から12項目に上る安全対策推進項目の実施状況について説明を受けた。この後、実際に救命胴衣を全員着用して舟に乗り込み、組織体制や危険箇所、救助態勢について安全対策チェック表に一人一人記入。下船した後、唐笠港で検討会を開いた。

 安全点検に参加した石田会長は「観光客の安全を確保するため、それぞれの立場で勉強し検討会で意見を出し合ってもらいたい。天龍峡再生道路や遊歩道も整備され、観光振興に力を入れていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19