天龍峡の岩場にくさび60本以上見つかる

その他

[ 2016年 6月 29日 水曜日 10時20分 ]

 自然保護法で第1種特別地域に指定されている飯田市の景勝地「天龍峡」の岩場に、ロッククライミング用のくさび60本以上が打ち込まれていたことがこのほど分かった。付近を通り掛かった市民が3月上旬に発見し、市に通報。市は毀損(きそん)届を文化庁に提出しており、同庁や県と協議しながら対応を検討している。

 市教育委員会によると、くさびが打ち込まれていたのは天竜奥三河国定公園内にある天竜川右岸の巨岩「樵廡洞(しょうぶどう)」とその周辺の岩。目視で確認したところ、さびて古くなった物から比較的新しい状態の物まで63本が見つかった。

 市では発見後、岩場に立ち入らないよう呼び掛ける看板を付近の遊歩道に設置。また地元山岳会に協力を要請し、クライミングなどで岩場を使用しないよう求めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞