天龍村で急傾斜地の救助訓練 3県の消防本部が合同で

その他

[ 2016年 11月 8日 火曜日 16時25分 ]

斜面で行った救助訓練

 県境に接する長野、愛知、静岡3県の消防本部による合同訓練が8日、天龍村であった。飯田広域消防本部、新城市消防本部、浜松市消防局の隊員約25人が参加し、山間地での転落事故を想定した救助訓練を行い、連携の強化を図った。

 南信州広域連合と浜松、新城両市との消防相互応援協定に基づき、毎年1度、各地を持ち回りで実施して緊急時に備えている。

 飯伊会場ではこれまで、水難救助や山林火災の消火を訓練してきたが、今回は初めて急傾斜地での救助をテーマにし、天龍村役場西側の斜面で行った。

 走行中の車が道下に落下し、要救助者の3人が斜面に放り出された―の想定。隊員らは、上部から斜面にロープや担架を降ろし、介添えをしながら順に引き上げる手法で助け出した。

 状況に応じて本部ごとに役割を分けたり、連携を図ったりする場面も。3隊が実践を通じて迅速な情報伝達や的確な連携を探った。

 飯田広域消防本部阿南消防署の松川浩署長(58)は「訓練を通じて連携を深めるとともに、互いに顔が見える関係になることが重要。今後も県境を越えた訓練を重ねて緊急時に円滑な対応ができるようにしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞