天龍村伊那小沢のカンザクラ開花宣言

その他

[ 2016年 3月 1日 火曜日 9時24分 ]

 「信州に春の到来を告げる」とされる天龍村のJR飯田線伊那小沢駅近くに並ぶカンザクラが29日、「5―6輪咲いた状態」となり、村が開花宣言を発表した。ことしはエルニーニョ現象の影響からか1月7日に一部が開花したが、村は狂い咲きと判断。“自信を持って”宣言できるようになるまで慎重に見極めた。

 伊那小沢駅の開業を記念して植えられたとされる駅周辺の10本を村の振興課が観察し、開花状況を見守っている。

 同日午前に職員が調べたところ、5―6輪の花が“しっかり”開いた状態となっているのを確認できたため、開花宣言を発表した。昨年に比べて2日遅い。

 伊那小沢のカンザクラの開花日は、年によって大きく変動している。ここ数年で最も早く開花したのは、2005年の12月21日で、最も遅かったのは一昨年の3月17日。昨年は2月27日だった。

 ことしは1月7日に一部が開花したため、担当職員らは宣言の発表時期をめぐって頭を悩ませたが、枯れ落ちたことや、他の花芽の開花が続かなかったことから見送っていた。

 すでに多くの花芽が開いており、見ごろの状態。早ければ週内にも満開となりそう。

 カンザクラはバラ科の落葉高木。通称はヒカンザクラ(緋寒桜)で、暖地では2月ごろに満開になることからこう呼ばれている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞