天龍村伊那小沢のカンザクラ開花宣言

その他

[ 2016年 3月 1日 火曜日 9時24分 ]

 「信州に春の到来を告げる」とされる天龍村のJR飯田線伊那小沢駅近くに並ぶカンザクラが29日、「5―6輪咲いた状態」となり、村が開花宣言を発表した。ことしはエルニーニョ現象の影響からか1月7日に一部が開花したが、村は狂い咲きと判断。“自信を持って”宣言できるようになるまで慎重に見極めた。

 伊那小沢駅の開業を記念して植えられたとされる駅周辺の10本を村の振興課が観察し、開花状況を見守っている。

 同日午前に職員が調べたところ、5―6輪の花が“しっかり”開いた状態となっているのを確認できたため、開花宣言を発表した。昨年に比べて2日遅い。

 伊那小沢のカンザクラの開花日は、年によって大きく変動している。ここ数年で最も早く開花したのは、2005年の12月21日で、最も遅かったのは一昨年の3月17日。昨年は2月27日だった。

 ことしは1月7日に一部が開花したため、担当職員らは宣言の発表時期をめぐって頭を悩ませたが、枯れ落ちたことや、他の花芽の開花が続かなかったことから見送っていた。

 すでに多くの花芽が開いており、見ごろの状態。早ければ週内にも満開となりそう。

 カンザクラはバラ科の落葉高木。通称はヒカンザクラ(緋寒桜)で、暖地では2月ごろに満開になることからこう呼ばれている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43