天龍村伊那小沢駅 カンザクラが七分咲き

その他

[ 2012年 3月 31日 土曜日 13時20分 ]

 県内で最も開花の早いサクラ、天龍村のJR伊那小沢駅のカンザクラが、七分咲きとなり、淡いピンクの花が駅ホーム周辺に彩りを添えている。この日、青空の下ではメジロが飛び回る姿も見られ、飯田市から来たという中年の男性がカメラの望遠レンズを向けていた。

 このサクラは、1936年(昭和11)年、駅開業に合わせて3本植えたのが始まりで、その後、周辺に十数本が順次植えられた。厳冬だったことしは「例年より2週間ほど遅れているのでは」と地元の人。来週には満開となり、県内では一足早い、花見が楽しめる。

 また、村中心部にある村商工会館前に植栽のカワヅザクラも見ごろが近づいており、天竜川沿いの羽衣崎橋たもとに植えたカワヅザクラと共に「4月上旬には満開になりそうだ」と村人たちは心待ちにしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞