小渋川砂防出張所が見学会、大鹿小児童が地域の安全守る工事学ぶ

その他

[ 2016年 7月 7日 木曜日 15時35分 ]

大鹿小が砂防見学 国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所は6日、大鹿村の砂防・地すべり工事現場に、大鹿小学校の3、4年生12人を招き見学会を開いた。児童らは、工事現場で使われている重機に触れるとともに、測量や石に穴を開ける作業などを体験。また、ドローンを飛ばし、大西山崩壊地の映像を確認するなど、地域の安全を守るため、どんな仕事が行われているのか、理解を深めた。

 土砂災害防止月間(6月)に合わせ、防災知識の普及を目的に毎年開かれる同見学会。同事務所小渋川砂防出張所と、同出張所管内で工事を請け負う飯田下伊那地域の建設業者4社でつくる連絡協議会が体験内容を企画した。

 この日はまず、小渋川砂防ステーションで砂防事業の概略や、かつて同村内に大きな被害をもたらした三六災害について、映像や模型を使って学習。その後、塩川床固工群工事現場に移動し、実際にどんな工事が行われているのか、さまざまな体験を通じて学んだ。

 さらに大河原床固工群の現場では、三六災害によって崩壊した大西山の現状を、ドローンで撮影した映像をリアルタイムで見ながら確認。また、「自然の大切さを感じるとともに、川を守る気持ちを育んでもらいたい」と、アマゴ100匹の放流も行った。

 体験を終え、同校4年生の男子児童(9)は「工事現場で、何のために、どんな工事がされているのかを知ることができて良かった。とても勉強になった」と振り返った。

 小渋川砂防出張所の岡本明所長は「三六災害など、大きな災害の歴史の上に、今の村が成り立っていることを理解してもらいたい。災害が起きないよう、さまざまな工事を行い、頑張っている人たちがいることを知ってもらえたらうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞