就職活動者が企業と交流会~人事担当者の本音聞く~

その他

[ 2014年 2月 6日 木曜日 14時48分 ]

 若者者地域連携事業推進センター(ハローワーク、長野県、厚生労働省若年者地域連携事業委託団体)は4日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで、40代前半までの就職活動者を対象に「企業と交流会in飯田―業界・職場のホント人事のホンネを聞いてみよう」を開催した。

 現在就職活動中の人をはじめ、就職活動を控える学生、転職を考える人など5人が参加。夏目光学(同市鼎上茶屋)の本田英剛総務部長とアイエス精工(同市下久堅)の伊澤和明社長から、求める人材や就職活動で心掛けることなどを聞いた。

 参加者からは、仕事の内容をはじめ、壁にぶつかった際の乗り越え方やモチベーションの持ち方など、さまざまな質問が上がった。

 このうち「どんな就職活動を行うべきか」の質問に対し、本田さんは「理系だから、文系だからと自分で自分の可能性を縮めることなく、いろいろな人に会って話を聞くことが大事。インターネットで情報を集めるのではなく、人との会話から情報を得て」とアドバイスした。

 また伊澤さんは「どんなことでもいいので、自分のできることからまずは行動すること。できることをこつこつと積み重ねていけば本物の力になる。恥をかいてもいい。自分をさらけだすことが大事」とエールを送った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞