就職活動者が企業と交流会~人事担当者の本音聞く~

その他

[ 2014年 2月 6日 木曜日 14時48分 ]

 若者者地域連携事業推進センター(ハローワーク、長野県、厚生労働省若年者地域連携事業委託団体)は4日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで、40代前半までの就職活動者を対象に「企業と交流会in飯田―業界・職場のホント人事のホンネを聞いてみよう」を開催した。

 現在就職活動中の人をはじめ、就職活動を控える学生、転職を考える人など5人が参加。夏目光学(同市鼎上茶屋)の本田英剛総務部長とアイエス精工(同市下久堅)の伊澤和明社長から、求める人材や就職活動で心掛けることなどを聞いた。

 参加者からは、仕事の内容をはじめ、壁にぶつかった際の乗り越え方やモチベーションの持ち方など、さまざまな質問が上がった。

 このうち「どんな就職活動を行うべきか」の質問に対し、本田さんは「理系だから、文系だからと自分で自分の可能性を縮めることなく、いろいろな人に会って話を聞くことが大事。インターネットで情報を集めるのではなく、人との会話から情報を得て」とアドバイスした。

 また伊澤さんは「どんなことでもいいので、自分のできることからまずは行動すること。できることをこつこつと積み重ねていけば本物の力になる。恥をかいてもいい。自分をさらけだすことが大事」とエールを送った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞