飯田市消防団が水防工法学習

その他

[ 2016年 5月 18日 水曜日 8時57分 ]

 飯田市消防団(宮下和博団長)は15日、本年度の水防訓練を龍江今田平の天竜川左岸で行った。18分団から参加した班長以上の幹部ら約300人が参加し、水防工法の技術や知識、心構えなどを学習。本年度発足させた機動救助隊の訓練も実施した。

 水害発生時に安全で有効適切な水防活動が行えるようにすることを目的に、梅雨前に毎年実施。水防について学んで有事に備えるとともに、消防団員自身の安全確保のための退避判断について学ぶ機会としている。

 ことしは飯田広域消防や飯田建設事務所、国土交通省天竜川上流河川事務所の職員や消防団本部員らを講師に、土のう造りやビニールシート張り、ロープ結策などの水防工法の技術を学習。また水防活動での安全配慮や作業での心得に関する講義を受けた。

 あわせて、災害時に救助と救急、避難誘導を行う機動救助隊の訓練を実施。重機を使用する際の注意点や操作方法について説明を受けながら、実際にミニバックホーを使って土砂災害からの救助方法を学んだ。地震で倒壊した建物などを切断するエンジンカッターやチェーンソー、多機能型積載車の装備品の取り扱いに関する訓練も行った。

 宮下団長は「近年はいつどのような災害が起こるか分からない。想定外の雨にも対応できるよう訓練しておかないといけない」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新規求人確保に向け

8月14日金曜日13:05

歴史を将来に伝えたい

8月14日金曜日13:37

ペルセウス座流星群見えた

8月13日木曜日13:58

生前の収集品や写真を

8月13日木曜日13:51

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞