市職員に交通安全講話、酒気帯び運転で検挙受け

その他

[ 2010年 11月 29日 月曜日 15時31分 ]

 病院職員や保育士、臨時職員も含め約2000人に通知を出したが、勤務時間中(午後4時から)のため、140人が出席した。冒頭、渡邉嘉蔵統括副市長は「これから年末に向けて宴席が多いが、飲んだら乗らないことに尽きる。公務員として自覚すれば確実に防止できる。前日遅くまで飲酒した場合は、公共交通機関で出勤してもらいたい」と訓示。

 最近の交通事故の状況と法令順守、運転特性の把握と安全運転管理について、自動車安全運転センター長野県事務所の三村正悟所長から講話を聞いた。

 市によると、職員による事故は、2007年32件(うち人身事故2件)08年29件(同1件)09年23件(同2件)ことし28件(同0件)起きている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞