懲役2年の実刑判決 飯田市のひき逃げ事件

その他

[ 2018年 10月 24日 水曜日 15時54分 ]

 飯田市で5月、男性がひき逃げされ死亡した事件で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の罪に問われていた同市羽場町の無職、居山和貴被告(32)の判決公判が3日、地裁飯田支部で開かれ、池田幸司裁判長は懲役2年(求刑・懲役3年)の実刑判決を言い渡した。

 判決理由で池田裁判長は、逃走理由について「自己保身のためだった」とし、「救護義務を放棄した事故後の一連の行為は、あまりに悪質で許しがたい」と述べた。

 一方で、事故発生時刻は午後7時過ぎで周囲は薄暗く、被害者は交通量の多い片側2車線の道路を横断歩道を使わずに渡ろうとしていたことを指摘。前科前歴はなく、反省の態度を示していることなどから情状を酌んだ。

 判決によると、居山被告は5月3日午後7時8分ごろ、県道飯島飯田線大門交差点付近で軽乗用車を運転中、歩いて道路を横断していた同市上郷黒田の無職の男性(当時68)をはねて救護しないまま現場を立ち去った疑い。男性は頭部出血などのけがを負い、約4時間後に収容先の病院で死亡が確認された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞