拳銃置き忘れる

その他

[ 2020年 2月 21日 金曜日 15時01分 ]

 県警は20日、組織犯罪対策課の男性警部補(44)が飯田市内のコンビニエンスストアの個室トイレに拳銃1丁を置き忘れ、約50分後に回収したと発表した。拳銃には実弾5発が装填されていたが、使用された形跡はなかったという。

 県警刑事企画課によると、警部補は同日午前8時ごろ、私服で市内を警戒中にコンビニに立ち寄り、トイレを利用。拳銃が入った収納ケースをベルトから外して壁のフックにかけ、そのまま置き忘れた。

 同20分ごろ、店員が見つけて店内に一時保管し、同50分ごろ、店を訪れた別の捜査員に手渡した。

 同課の和田行雄課長は「県民の皆さまに深くおわびする。指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞