春の全国交通安全運動で人波作戦展開

その他

[ 2014年 4月 8日 火曜日 9時06分 ]

 6日から始まった「春の全国交通安全運動」の人波作戦が7日、飯田下伊那各地で早朝から展開された。地域の交通安全団体関係者らがのぼり旗を手に街頭に立ち、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。

 飯田・阿南署管内では通勤時間帯となる午前7時から、交通量が多い幹線道路などを中心に人波作戦を展開した。

 このうち飯田市座光寺では堀内明彦署長、牧野光朗市長の督励に続き、座光寺地域自治会の生活安全委員33人と地区在住の市職員10人が平安堂座光寺店前に立つと、「交差点注意」などと書かれたのぼり旗を掲げて、ドライバーにルールやマナーの遵守を促した。

 県内では「信濃路はゆとりの笑顔とゆずりあい」をスローガン、「通学路・生活道路の安全確保と歩行者保護の徹底」を重点に15日まで実施。飯田下伊那でも交通指導所の開設、高齢者ドライバー研修、レター作戦などの啓発活動を行う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞