春の火災予防運動始まる

その他

[ 2012年 3月 2日 金曜日 15時13分 ]

 春の全国火災予防運動がスタートした1日、飯田広域消防本部は管内各地で街頭啓発活動などを行い、住民らの防火に対する意識高揚を図った。JR飯田駅前では、同本部飯田消防署の職員約20人がのぼり旗を手に持ち並び、通勤や通学で行きかう人らにチラシを配布。住宅用火災警報器の正しい設置や、たき火をする際の注意点などを呼び掛けた。

 同運動は、火災が発生しやすい時期を迎えるにあたり、火災予防意識の一層の高揚と普及を図ることで火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに財産の損失を防ぐことを目指し、毎年3月1日から7日まで、全国一斉で実施。期間中、飯田下伊那では、街頭啓発のほか消防訓練や一日消防士体験などが計画されている。飯田消防署の佐藤純孝署長は「活動を通じて幅広い世代に注意を促し、一件でも火災を少なくできれば」と話していた。

 同本部管内では、ことし(2月末現在)23件の火災が発生。このうち9件がたき火などによるもの。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48

新たな迂回路が通行可能に

4月29日木曜日13:34

「ルミナコイド」活用し商品化

4月28日水曜日15:34

すずり形鉄板を開発

4月28日水曜日15:12

ワクチン接種始まる

4月27日火曜日15:56

新市議に当選証書付与

4月27日火曜日15:25

天龍中で早くもプール開き

4月27日火曜日15:56










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞