春の火災予防運動始まる

その他

[ 2012年 3月 2日 金曜日 15時13分 ]

 春の全国火災予防運動がスタートした1日、飯田広域消防本部は管内各地で街頭啓発活動などを行い、住民らの防火に対する意識高揚を図った。JR飯田駅前では、同本部飯田消防署の職員約20人がのぼり旗を手に持ち並び、通勤や通学で行きかう人らにチラシを配布。住宅用火災警報器の正しい設置や、たき火をする際の注意点などを呼び掛けた。

 同運動は、火災が発生しやすい時期を迎えるにあたり、火災予防意識の一層の高揚と普及を図ることで火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに財産の損失を防ぐことを目指し、毎年3月1日から7日まで、全国一斉で実施。期間中、飯田下伊那では、街頭啓発のほか消防訓練や一日消防士体験などが計画されている。飯田消防署の佐藤純孝署長は「活動を通じて幅広い世代に注意を促し、一件でも火災を少なくできれば」と話していた。

 同本部管内では、ことし(2月末現在)23件の火災が発生。このうち9件がたき火などによるもの。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞