松川町の保育園で不審者想定し防犯訓練

その他

[ 2011年 12月 1日 木曜日 15時36分 ]

 松川町内の保育園職員を対象にした防犯訓練が29日、上片桐保育園であった。保育士や給食調理員ら約50人が参加。不審者から園児を守るための対応を、飯田署員から学んだ。

 訓練は、保育中の遊戯室に刃物を持った不審者が侵入したと想定。職員が避難を指示したり110番通報する一方、応援に掛け付けた女性職員が防犯器具や刺股を使って不審者を取り押さえた。

 事前に不審者対応について学んでいるとあって、職員は的確に対応していた。

 またこの日は、飯伊学生防犯対策支援協会から町内6園に対し防犯器具の寄贈もあり、刺股に似た「フットキャッチャー」が岩崎愈理事長から各園に2基ずつ手渡された。

 フットキャッチャーの使い方について署員から教わり、署員は「刺股で抑えた相手の足元に掛けると有効」「足首に掛けることで相手を引っ張って倒すこともできる」などとアドバイスした。また手錠をヒントに元県警職員が開発した新型の刺股「ラージハンドカフ」についても扱い方の説明があった。

 訓練後の講評で署員は「さまざまな場面を想定した訓練を繰り返してほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33

ホオズキの出荷始まる

7月29日水曜日15:57

大島の孤立状態解消

7月28日火曜日15:52








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞