造成工5割の進ちょく 飯田市の次期ごみ処理施設

その他

[ 2015年 9月 5日 土曜日 11時59分 ]

 南信州広域連合議会全員協議会がこのほど、飯田市内であり、同市下久堅稲葉地区で整備が進む同広域連合の次期ごみ処理施設(一般廃棄物処理施設)事業の進ちょく状況が示された。工場棟と管理棟の造成工事はおおむね50%が完了。今後に搬入道路や排水施設などの整備を並行して進め、建築工事は当初予定を1カ月前倒しして12月からを見込む。

 5月に施設用地(7・14ヘクタールの造成工事に着手。同広域連合飯田環境センターの説明によると、現在は主に北西側の工場棟と管理棟の土工事(切土、盛土)や補強土壁工を行っている。

 今後は引き続きの造成工と並行し、擁壁や排水、取付道路の工事に入る。関係官庁へ必要な各種の申請を順次進め、建築工事は12月1日から、プラント工事は来年4月1日からを見込む。稼働開始は2017年12月1日を予定する。

 現在の「桐林クリーンセンター」(同市桐林)に代わる次期ごみ処理施設はプラスチック類(容器包装プラを除く)も処理対象とする。飯田環境センターは名称について「9月中旬にいくつかの案を地元へ示し、早い時期に決定したい」と説明した。

 燃やすごみ袋の統一仕様については構成市町村の担当者らで詳細を調整中だが、現行では飯伊で使われていない黄色地の高密度ポリエチレン製を見込む。規格は現行でも一般的な大と小の2種類を予定。移行措置として、現行の紙袋も期限を設けることなく使用できるようにする。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49